うっかり日焼けしても大丈夫!日焼け後のアフターケアについて説明します。

こんにちは!BELLです(*^^*)

日焼け対策って夏は厳重になりますが、他の季節って気にしない人が多いんじゃないでしょうか??
私もその1人ではあります…

夏も日焼け対策をしていても、海に行ったり、でかけていると汗で日焼け止めが落ちて結局日焼けしているなんてことも…

そんな時にちゃんとアフターケアしてますか?

今回は日焼け後のアフターケアについてご紹介したいと思います!

そもそも日焼けって?

日焼けした後、なぜ黒くなるの?

日焼けした肌は簡単に言うとやけどをしている状態です。

そして日焼けすることで肌の奥にある「メラノサイト」という細胞が活性化して黒くなります。
この「メラノサイト」という細胞はシミの原因となるメラニン色素を作り出す細胞になります。

日焼けには2種類あるの知っていました?

日焼けには2種類あります。

サンバーン:皮膚が赤くなり、チリチリと傷んだり、やけどのように水ぶくれになる状態
サンタン:サンバーンの状態からしばらく経過すると、皮膚が黒ずんできてボロボロと皮がむけてくる状態

これは人によってどのくらいの期間で症状がでるかは変わってきます。

アフターケアのやり方!日焼けした当日の夜にやるのがおすすめ!

日焼け後72時間(3日)でシミの原因となるメラニンが生成されます。
なので日焼けをしてしまった日は72時間が勝負になります!

1、冷やす

先程お伝えした通り、日焼けしたあとの肌はやけどと同じ状態です。
まずはほてりを鎮めるために皮膚を冷やしてください。

冷やす際に、皮膚をこすったり叩いたりして負担をかけないようにしてください。

2、保湿

日焼けした肌はとても乾燥している状態です。
冷やしてほてりが落ちつてきたら、しっかり保湿して肌トラブルやシワを防ぎましょう。

保湿をするときには、刺激の少ない化粧水で保湿をしてあげてください。
日焼けをすると肌表面のバリア機能が低下しています。
シートパックや冷やした化粧水とコットンでコットンパックをするのも効果的ですが、
敏感肌の人はコットンの繊維が刺激になることもあるので充分注意してください。

保湿した後の、乳液も忘れずにしてください。
日焼けした肌は熱を持っているので、水分がすぐ蒸発してしまいます。
しっかり乳液やクリームをでお肌に蓋をしてあげましょう。

3、ビタミンの摂取

日焼け後、メラニンの生成は始まってしまいます。
そこでビタミンCやターンオーバーを促進するビタミンA、Eを積極的に摂取してください。

ターンオーバーを積極的に促すことで、肌が黒くなることを予防できます。

4、我慢できない痛みのときは病院に

日焼けが我慢できない痛みになったら病院へ行ってください。
変に自己処理をしてしまうと、肌に余計なダメージを与える可能性があります。

最後に

いかがでしたでしょうか。

日焼け止めを塗っていても必ず日焼けをしないというわけではないので、
日焼けした後のアフターケアも覚えておくと良いと思います♪

効果の強い日焼け止めを使用するのもいいですが、肌への負担を考えるとあまり使用したくないところもあります(´;ω;`)

自分にあった日焼け止めの選び方についてはこちらの記事を参考にしてみてください!

自分にあった日焼け止めの選び方

2018.06.15

 

※当サイトの記事は個人の感想であり、効能・効果を保証するものではございません