乾燥の味方!全身に・赤ちゃんにも使える万能化粧品シアバター!

こんにちは!BELLです(*^^*)

皆さん乾燥対策に何を使っていますか?

保湿クリーム・ボディクリームを塗って対策していると思います(*^^*)

では、皆さんはシアバターって知っていますか??
はい…知ってる人がほとんどだと思います(笑)

保湿力が高いシアバターは一時期ブームにもなりましたね!

今さら感あるかもしれませんが、今日はシアバターについて説明していきたいと思います!

シアバターとは?

シアバターとはアフリカのサバンナで自生している樹木から採れる実の種から抽出される油脂のことです。
食料品や燃料の他にも、薬品として傷や火傷の治療、筋肉痛、リュウマチ、白髪、脱毛予防など万能薬としても用いられています。

ではなぜ、シアバターは美容化粧品として注目されたのでしょうか?
それはシアを食しているアフリカ人の女性のお肌の美しさを見てシアの効能に注目しました。

そこからシアバターは高級化粧品の原料として使われるようになり、世界的にも広く知られていきました。

ではそんなシアバターにはどんな美容効果があるのでしょうか。

シアバターの美容効果

シアバターにはオレイン酸、ステアリン酸、その他微量成分で構成されています。

オレイン酸・・・皮膚に近い成分で、潤いをもたらします
ステアリン酸・・・炎症をおさえる効果があります
その他微量成分・・・ヒーリング効果等があります

非常に高い保湿性

シアバターの主成分はステアリン酸とオレイン酸です。

ステアリン酸はシアバターをなめらかにする効果を担っており、そのなめらかさが肌によく馴染みます。

オレイン酸は人間の皮脂の主成分であり、お肌との親和性は高いことで知られています。
また、乾燥を抑制する成分・紫外線の予防効果も高く、ガーナでは生まれたばかりの子どもの全身にシアバターを塗るほど重宝されています。

抗炎症作用

にきびや吹き出物、その他肌の赤みなど、お肌に起こっている各種の炎症を抑え、快方に向かわせてくれる効果を持っています。
ガーナでは昔からシアバターの抗炎症作用を重視し、傷や火傷の治療時に使われていることが多かったと言われています。

酸化防止作用

肌の酸化を抑制する効能があり、全身に塗ることで肌の老化やシミなどの発生を未然に防ぐことができるようになります。

シアバターの使用方法

シアバターはいろんな用途で使用することができる万能品です!

①顔の保湿
②手足の保湿
③カラダの保湿
④髪の保湿
⑤ひげそり後の保湿
⑥赤ちゃんのスキンケア
⑦頭皮のマッサージ・抜け毛のヘアケア
⑧かゆみケアとして使用
⑨日焼けのケアとして使用

全身の保湿として使用ができ、かつ赤ちゃんのスキンケアにも使用できるのは有能!

おすすめのシアバター

たくさんの用途で使えるシアバターですが、シアバターが使用されている化粧品は多くあり、どれがいいのかわからないという意見もあります。

そこでおすすめのシアバターを紹介します!

シアバター_商品画像

こちらのシアバターは主成分がシア脂100%使用されており、かつオーガニックの認証マークも取得しています!

こちら45gで1,300円(税込)で購入できます。

気になった方はぜひ試してみてください!

シアバター

 

※当サイトの記事は個人の感想であり、効能・効果を保証するものではございません