アイライナーどれを選べばいい?種類・違いについて説明します。

こんにちは!BELLです(*^^*)

化粧を始めてから5年以上経ちますが、最近やっとアイラインが上手く引けるようになったと思いました(笑)

(´゚д゚`)「え?そんなにかかった?」

なんて思う方もいるとは思いますが、自分にあったアイライナーを見つけるのにすごく時間がかかりました…(´;ω;`)

特に化粧を始めたばかりの人にはどれがいいのかわからないですよね!
なので今回はアイライナーの種類・違いについて説明していきます\(^o^)/

アイライナーの種類

アイライナーは基本的に3種類あります。

・ペンシルアイライナー
・リキッドアイライナー
・ジェルアイライナー

これを1つずつ説明していきます。

ペンシルアイライナー

ペンシルアイライナーは固形タイプのアイライナーになります。
鉛筆タイプや繰り出し式があります。

メリット
・安定感があるので、初心者でも簡単に書くことがでる
・一定の太さで書くことができる
・まつげの際や粘膜に引きやすい
デメリット
・鉛筆タイプはこまめに削る必要があり、色がつきにくい
・細いラインが書きにくい
・物によってはにじみやすい

リキッドアイライナー

筆ペンタイプ・フェルトタイプと製品によってペン先のタイプが異なります。

メリット
・発色がいいので、くっきりとした線が引ける
・細いラインから太いラインまで調整がしやすい
・にじみにくい
・粘膜ラインには向かない
デメリット
・慣れるのに時間がかかる
・発色が濃いので薄めにアイラインを引くのは難しい
・汗や涙で落ちやすい

ジェルアイライナー

繰り出し式・ジャータイプがあります。

メリット
・とてもくっきりした線がかける
・ぼかしやすく、アイメイクでの汎用性が高い
・汗や涙でも落ちにくい
デメリット
・油分が多いため、肌の状態によってにじむことがある

メイクによってアイライナーを使い分けよう!

ナチュラルメイク派の人はペンシルアイライナーがおすすめ

日頃ナチュラルメイクの人やあまりアイメイクを濃くしたくない人はペンシルアイライナーがおすすめです。

リキッドアイライナー・ジェルアイライナーと比べると柔らかい発色なので、目元の印象もきつくなりません。
またまつげの際も埋めやすいので自然と目元を盛ることができるので大事なデートの日にもおすすめです♡

でもペンシルアイライナーよりリキッドアイライナー派!という人は黒ではなく茶色のリキッドアイライナーを使ってみてください!
今は茶色でも明るい茶色から暗い茶色までいろんな色があるので自分にあった色を選んでみてください(*´∀`*)

くっきり眼力をつけたい人はリキッドアイライナーがおすすめ!

眼力をつけたい人は発色の良いリキッドアイライナーがおすすめです。
太さの調整がしやすいリキッドアイライナーなので、アイラインの位置によって太さを変えられます。

目を大きく見せたい人は黒目の上を少し太めに書くといいですよ(^^)

深みのあるメイク・グラデーションをちゃんとしたい人はジェルアイライナーがおすすめ!

ペンシルアイライナー・リキッドアイライナーに比べてぼかしやすいジェルアイライナーは深みのあるメイクをするのにおすすめです(^o^)

ジェルアイライナーを引き、指で軽くぼかした後同系色のアイシャドウを乗せることで深みのあるメイクになります!
目元もはっきりするため、大きく見せることもできます(´ε` )

最後に

私は化粧の中でもアイメイクを重要視していて、特にアイラインで目元が変わると思っています!(勝手に…)
一重の人・二重の人、人によって合うアイライナーがあるので、自分にあったものを見つけてみてください!

でも、いくら目元を大きく見せたいからといって、粘膜ライン・インラインを引くのは注意してください。
詳しくは↓の記事を参考にしてください!

目元のインサイドラインを引いて大丈夫?その危険性について説明します。

2018.07.06

 

※当サイトの記事は個人の感想であり、効能・効果を保証するものではございません